専攻主任あいさつ


新潟大学医学部保健学科看護学専攻
専攻主任  定方 美恵子 教授

看護学を学ぶみなさんへ

 

新潟大学医学部保健学科看護学専攻は、明治14年に開設された新潟医学校附属産婆教場を母体とし、昭和49年に医療技術短期大学部、平成11年に医学部保健学科となり、平成16年に設置した大学院保健学研究科(修士課程:現在、博士前期課程)においては、研究者・教育者の人材育成に加え、「慢性看護」「母性看護」「がん看護」「地域看護」「遺伝看護」の専門看護師コースを開設し高度実践看護師の育成を行っております。平成19年に設置した博士後期課程では研究者・教育者の育成を主眼に教育を行っております。以来、学部卒業生、研究科修了生は、全国各地の病院の看護管理者、行政職、養護教諭、看護系大学教員など多様な分野で活躍しております。

 

総合大学と大学院博士課程を有する大学の強みを生かしながら、将来、実践・教育・研究を担うリーダーとして社会に貢献できる人材の育成をしております。教育理念として、人間愛を基盤として全人的な保健医療を目指すとともに、自律した専門職として社会の変化に対応し、看護を探求することを目指しています。看護の対象の全人的理解と看護実践に必要な基礎的知識・技術を習得し、豊かな感性と倫理観、学術的視野を身につけ、保健医療チームの一員として連携、協働できる看護専門職を育成することを目的としております。

 

カリキュラムは看護師資格と保健師資格を必修とし、助産師資格を選択としています。教育内容は、援助的な人間関係形成、科学的根拠に基づいたアセスメントと実践、医療倫理、健康相談・健康教育技法、保健医療福祉チームにおける連携・調整、看護管理、異文化看護、災害看護、看護研究法などを整備し、保健・医療・福祉の分野で指導的役割を果たす人材育成をめざしています。臨地実習は、新潟大学医歯学総合病院を拠点にしながら、佐渡市や新潟市の保健センター、新潟市内の医療機関、訪問看護ステーション、福祉施設、企業などで実施しています。一部の演習科目や国際交流活動では諸外国を訪問し、異文化や看護を広い視点で理解するとともに、平成22年からはペラデニヤ大学(スリランカ)から毎年、数名の留学生を受け入れ、学生間の国際交流を推進しています。 また、学生ボランティアと教員がチームを組み、中越地震や中越沖地震、東日本大震災等の被災地支援や研究にも継続的に取り組んでおります。このように、総合大学の強みを生かした多様な専門領域から看護学を学際的に学べる貴重な経験が得られる機会があることが新潟大学の特色といえます。

 

社会における看護に対する期待とニーズは益々高まっております。看護職の活動範囲は病院から地域、在宅へ、さらに世界へと広がり、業務内容は技術革新や法制度の改正に伴い専門化する一方で、地域包括ケアを視座においた継続的なチームケアとその実践力が求められてきています。人間理解とケアの質向上や技術開発は、人々の健康や生活の質の向上に大きく貢献することでしょう。大学院教育も広く普及し、将来の看護の発展の礎として期待されています。このような大学院教育への継続を意識した学部カリキュラム編成としていることも看護学専攻の特徴です。

 

私たちは、期待される看護の責任を果たすことにより保健医療の発展に寄与するとともに、看護の開発・発展のため看護を科学的に探求し続け、地域や世界にその成果を発信し続ける使命感をもった看護専門職をめざす皆さんの入学を心から歓迎します。