博士前期課程の紹介

理念

新潟大学大学院保健学研究科(博士前期課程)は,心身の疾病と健康に関する包括的な研究と,研究成果の社会・経済・地域への還元とにより,個人又は集団の健康保持と疾病や障害の予防に広く貢献し,人類の幸福と社会福祉の向上に寄与することを基本理念とする。

目的

幅広い知識と高度の技術の教授,独創性・専門性の高い研究指導を通して,保健・医療機関で活躍できる高度専門医療職者を育成することを目的とする。

教育目標

1.高度専門知識・技術を持つ人材の育成

高度の専門知識と技術を持ち,創造的かつ科学的思考に基づいて自立した行動が可能で,総合的・包括的な視点から保健医療に携わることができる高度専門医療職者を育成する。

 

2.管理実践能力を持ち指導的立場に立てる人材の育成

チーム医療が主流となっている近代医療にあって,各人が所属する職域だけでなく,チーム全体での意志決定に積極的に参加し,優れた指導力が発揮できる人材を育成する。

 

3.国際協力に携わる人材の育成

国際的視野を持ち,異文化を理解し,保健医療学の各領域において国際共同活動や研究に参加できる人材,並びに,開発途上国においての地域保健医療に携われる人材の育成をはかる。

 

4.教育・研究者への素地の育成

博士前期課程の修了生が,博士後期課程に進学することを視野に入れて,教育研究者への道を歩もうとする学生に対しては,その素地を育む教育指導を行う。

 

授業科目