保健学科の紹介

教育理念

豊かな感性と人間愛に満ちた人道的な人格を有し、人の心を理解し、かつ専門的知識と技術を兼ね備え、全人的医療及びチーム医療の実践が可能な以下のような人材の育成を図り、国民的、国際的貢献はもとより地域医療・地域医療教育に貢献ができ、その職業を生涯にわたり誇りとする教育を行うことと、その基本となる研究を行うことを理念とする。

1)全人的医療を実践できる人材

2)人間性豊かで人道的倫理観を身につけた人材

3)医療技術分野における教育・研究の充実に寄与できる人材

4)臨床医療分野でコ・メディカルスタッフとして指導的役割を果たせる人材

5)国際社会の医療分野で活躍できる人材

6)地域医療の必要性を認識し、その向上に貢献できる人材

保健学科を目指す人々へ (入学者受け入れ方針)

保健学科の基本理念に基づいて、病者中心に自己開発を目指す優れた臨床医療技術者の育成と時代の要請に対応できる技術の習得、開発ができる人材の育成を教育の目標として掲げています。この教育目標を実現するために、人間性豊かで、質の高い医療の担い手としてふさわしい、次のような意欲ある学生を求めています。

1)医療や健康の保持増進に関心があり,協調性豊かな人

2)人々の生活と社会に深い関心を持ち,人間愛に満ちた人

3)生涯に亘って学習し,成長していきたいという意欲がある人

4)医療に関する科学的知識と技術の習得に熱意を示す人

新潟は青い海と緑に恵まれた環日本海の国際拠点です。豊かな感性と人間愛を育み、専門的知識・技術を高め、国際的な視野で活躍しようとする皆さんを心より歓迎いたします。

教育目的教育目的

目標

上記の理念を達成するため,本学科に看護学,放射線技術科学,検査技術科学の3専攻を置き,次の項目を達成するための基本的知識,専門知識及び技術を教育し,研究することを目標とする。

(1)教育の目標:病者中心に自己開発を目指す優れた臨床医療技術者の育成

① 病む者中心の豊かな感性の習得

② 医療職者としての基礎知識と基礎技術の習得

③ チーム医療の方法についての学習

④ 異文化理解の方法についての習得

⑤ 自ら考え応用していく能力の錬磨

(2)研究の目標:医療の臨床に寄与する独自性の強い研究

① 人々の健康維持に寄与する新知見や技術の開発

② 人々の疾病の予防と疾病からの社会復帰に寄与する新知見や技術の開発

③ 医療に関する時代要請に対応できる新知見や技術の開発

④ 医療分野で臨床に貢献できる新知見や技術の開発

⑤ 生涯教育への動機付け

組織

教員数

学生数

取得学位・取得可能な国家試験受験資格など

施設紹介

施設紹介