放射線技術科学専攻の紹介

教育理念

放射線の医学への応用は医療技術の進歩と医療機器の開発に伴い多様化しています。放射線技術は科学の進歩を背景に高度化かつ専門化し,種々の病気の診断や治療に果たす役割はますます重要となっています。 放射線技術科学専攻では,X線や放射性同位元素を用いた撮影,放射線治療,および放射線管理,ならびに超音波や磁気共鳴現象を利用しての撮影などに関する専門的知識・技術を修得し,放射線技術の進歩に対応できる診療放射線技師や研究者を育成することを目指しています。

教育理念

教育目標

  1. 人間性豊かで広い視野をもち,医療人にふさわしい倫理観と使命感を身につけ,チーム医療の中での役割を十分に果たす能力を培う。
  2. 放射線に関する基礎分野,特に物理的・生物的作用について深く理解し,急速な放射線技術の発展に対処できる能力を培う。
  3. 情報処理技術の力量を高め,医療画像情報に対する知識と応用力を培う。
  4. 放射線による診断,治療,及び核医学検査に対して,的確な知識と技術を培う。
  5. 日々進歩する医用放射線機器の原理,構造,性能を深く理解し,それらを適切に操作し,診断に有用で十分な情報を引き出す能力を培う。
  6. 放射線防護の考え方を深く理解し,放射線の安全な使用及び管理のための的確な知識と技術を培う。
  7. 診療放射線技術学の分野で,専門知識を活かして研究・開発ができ,また,国際的な活躍ができる能力を培う。
教育目的教育目的